excitemusic

2011年3月中旬~日本の生活になりました。2006年10月~2011年3月カリフォルニア・サウスベイに暮らし、2003年7月~2006年9月までシカゴに住んでいた駐在妻日記
by greenplum_ca
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
☆☆ リ ン ク ☆☆
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ビーズで作るクリスマスツリー

d0144727_329108.jpg


時期外れネタですが、材料を揃えて、
今からコツコツ作れば、今年の冬に間に合う!
(って、昨年にUPしようと思ってたのに、すっかり忘れてた)

ビーズを使って、クリスマスツリーが作りたくて、
昨年、ネットで色々検索したけど、
親切丁寧なビーズツリーの作り方を掲載してるサイトは、
1箇所しかありませんでした。
それでも、ビーズフラワー初心者としては、不十分な説明。

で、ネットで探す事やっと見つけた本が、
下長瀬 美奈子さんの本でした。
それも、英語バージョン。

英語版タイトル BEAD FLOWERS
日本語版タイトル、「暮らしを彩るビーズフラワー」

d0144727_3312229.jpg


日本語版は中古本で探すしかないようです。
Amazon.co.jpでは、3490円~。
英語版もAmazon.co.jpで手に入り、1685円

ちなみにアメリカで英語版を購入する場合、
Amazon.comでは、14ドル。(中古だと11ドル~)

丁寧な写真や図入り説明で、英語ですが、
なんとか完成させることが出来ました。

本の通り作っていくと、
ものすごく大きい作品になってしまうので、
試行錯誤を続け土台を含めて、
500mlペットボトルぐらいの
高さに仕上げました。

本の通りにすると、足の部分が寂しく安定感が物足りないと思い、
小さな容器を買って、その中に紙粘土を半分詰めて、
ツリーを置き、さらに紙粘土を詰めて固定。

紙粘土が固まったら、
その上に雪のようにみえるSNOW TEXをのせ、
冬らしさを演出。

d0144727_3315347.jpg


SNOW TEXは、1日置けば固まるので、
ビーズツリー他にくっつかないように、
慎重に扱ってくださいね。
SNOW TEXが要らぬ所にくっついたら、
すぐふき取ってください。
クラフトショップで購入できます。

ビーズは、日本製のビーズ。(ミユキビーズを使用)
私は日本に一時帰国をした時に購入してきましたが、
アメリカにお住まいの方は、割高ですが、
ネットで購入する事が出来ます。
もちろん、ビーズ屋さんでも購入できます。
かなりの数のビーズが必要なので、
ネットで買うほうが、ビーズ屋さんよりお得だと思います。

綺麗さは断然日本製。
アメリか製は色もイマイチ、輝きもいまいち、
さらに雑な作り(形がなぜか不揃い)なので、
同じ作品を作っても、見栄えが全然違います。

ワイヤーは、アメリカのネットで購入。
本に書いてあるものよりゲージが太いものを購入しました。
本のは細すぎて、葉が大きくなるにつれて、
頼りなく感じたから。

単調な作業で、飽きてしまうし、
手も目も肩も疲れてくるので、
今からやれば、今年の12月までに完成するはずです。
[PR]
by greenplum_ca | 2009-02-10 10:28 | 英語と習い事と趣味
<< ニンニク臭くて、スミマセン 陳麻家 >>